もしも交通事故の被害者になったとき弁護士に相談や依頼をするのはどの時期がベストか

人が生きていれば予期せぬトラブルに巻き込まれてしまうことも往々にしてあるものです。たとえば、交通事故の被害者になってしまったときには、難しい法的な問題もたくさん出てきます。このときに法律のプロフェッショナルである弁護士に相談をしたり、実際に依頼をすることになったとき、いったいどの時期に行うべきか悩んでしまう人は多いでしょう。

ここでは弁護士への相談や依頼のタイミングに関して説明します。

交通事故の被害者になってしまったときには迷わずに弁護士に相談することが大事

現代の若者は車離れが甚だしいと言われていますが、町中では多くの車が走り抜け、実際にたくさんの事故が起きています。いくら自分は気を付けて運転していても、他人の運転を左右することはできません。また、自然災害なども多く起きている時代ですから、そういうことでも危険にさらされることはあります。

車を運転するときには、やはりもしものことを考えておくことが必要です。万が一、交通事故に巻き込まれてしまい、その被害者になってしまったときにはどうすればいいのか、この点をしっかりと知っておくことが大切でしょう。

交通事故に遭ってしまったとき、その処理はかなり大変です。後処理を自力で何とかしようとしても、結果的には自分にマイナスになってしまうことが多いのが現状でしょう。ですからここは迷わずに法律のプロフェッショナルである弁護士に任せることがベストです。

もしも自分で事故の処理をしようとするならば、まず加害者である相手側の保険会社と交渉しなければなりません。自分が法律に詳しい専門家であるなら別ですが、大概は法律の知識がない一般人です。しかし、相手は交通事故や法律の知識を持ったいわばプロとなります。

とても太刀打ちできないというのが本当のところでしょう。

被害者が自分一人で交通事故の処理をする場合には圧倒的に不利になってしまう

たとえ大学で法律を学んできた人でも、交通事故の法的な対処を自分一人で行うというのは不可能だと言えます。法的なものだけではありません。交渉する能力にしても、一般の方では保険会社に対抗することは難しいでしょう。

もしも交通事故の被害者になったとき、そこで加害者が加入している保険会社と交渉しなければならないことはけっこうあります。まず、事故による怪我の治療を継続できるだけの金銭的なものを始め、怪我で会社を休業した場合の補償、適正な慰謝料の支払い、それからもしも後遺症の恐れがある場合には、それによる収入の減少の補償などです。

加害者が加入する保険会社では、こうした交渉を事務的に片付けてしまうテクニックを持っています。やはり交通事故に関しては多くの経験を持っているわけですから、会社や加害者が不利にならないためには全力でマイナス面を回避してくるでしょう。

それに太刀打ちするわけですから、法律の知識がない一般の方はものすごく不利な立場になってしまいます。ここで被害者が不利な立場にならないためには裁判へ持ち込むという方法もあるでしょう。保険会社は裁判に持ち込まれるのを避けようとする傾向があります。

しかし、いざ裁判に持ち込もうとしても、ここでもやはり弁護士の力が必要になるわけです。

弁護士に相談するときには無料相談サービスを利用することがおすすめ

交通事故の場合、よく示談という言葉を耳にすることがありますが、この示談とは事故の被害者と加害者との間で話し合いをすることを意味し、その話し合いで決められた金額が示談金と言われるものです。被害者が自分で加害者や加害者が加入する保険会社と交渉してこの金額を決めてしまえば、もう取り消すことはできなくなってしまいます。

示談した後でいくら後悔しても遅いのです。こうした後悔をしないためにも、交通事故の示談金や慰謝料の適正な相場というものを知ることは必要で、その上で示談する必要があります。しかし、この場合にも交通事故に特化した弁護士に相談や依頼することが大切です。

利益を追求することはどんなビジネスでも根本的な目的となります。これは保険会社も例外ではありません。保険会社はいくら最大手と言われる会社であっても、交通事故の場合、適正な相場を大幅に下回るような示談金しか提示してこないものです。

被害者がその相場を十分に分かっていたとしても、相手の話術に対抗するだけの術を待っていません。こうした事態を避けるためにも、誰にも相談しないで自分の判断だけで保険会社と示談してしまうことは避けたいです。交通事故に詳しい弁護士に相談することが望ましいのですが、このときに相談料などを考えて止めてしまう人も少なくありません。

しかし、弁護士に相談するだけならば無料相談サービスというものもあるのです。

「自転車の交通事故はどこに相談できる?トラブルの対処方法と注意したい問題」

弁護士に相談するタイミングはいつがベストなのか

交通事故の被害者になってしまったときには、まずは交通事故に特化した専門の弁護士に相談することが望ましいわけですが、いったいいつ相談すればいいのか悩んでしまう人も多いです。

弁護士への相談が初めての人はなかなか相談に踏み切ることが難しいと言えます。ですから加害者が加入する保険会社から示談金を提示されて、その金額に納得がいかずに弁護士に相談に行くというケースがかなり多いです。

交通事故では確かに専門家に相談する必要があると分かっていても、弁護士と普段から接触がない人にとってはけっこうハードルが高いと感じてしまうのでしょう。《関連資料 ... 事故に強い弁護士 ... アディーレ

ここで知っておきたいことは、無料相談に対応している弁護士事務所ならば、いつ相談しても相談料はかからないということです。しかし、交通事故の相談は無料になりますが、実際に依頼をした場合は当然のことですが有料になります。

ですから相談するタイミングと実際に依頼をするタイミングというものはかなり重要になるわけです。まず弁護士への相談ですが、これは交通事故で負った怪我の治療終了直後に相談に行くケースがもっとも多くなります。もしもその怪我が後々の障害につながるような後遺障害の可能性が高い場合には、事故に遭った直後に相談に行くことがベストだと言えるでしょう。

絶対に避けなければならないことは、弁護士に相談する前に相手側の保険会社と示談書を締結してしまうことです。

できる限り早い段階で弁護士に相談や依頼をすることが望ましい

一般の方が普段の生活の中で弁護士に接触する機会はあまりないというのが現状でしょう。身近に弁護士がいる場合は別ですが、ほとんどの方はそういう恵まれた環境にいるわけではありません。ですからいざ交通事故に巻き込まれてしまったときにも、すぐに弁護士へ相談しなければいけないと考える人は少ないのです。

しかし、やはり事故の被害者になってしまったら、交渉する相手は加害者が加入している保険会社になります。このとき相手はけっして被害者に有利になるような条件は提示してこないということです。このような示談交渉のプロに対抗するためには、やはり早い時期に弁護士に相談し、依頼することが必要になります。

弁護士に相談すべきタイミングは早い方が有利だと言えます。早いうちに相談すれば、その後に実際に依頼して事故後の処理をしてもらえるわけですが、このときに弁護士がやらなければならないこともけっこうあるのです。

ですから早いタイミングで弁護士に相談することができれば、より多くのサポートを受けることも可能になります。事故で負ってしまった怪我の治療をして、その治療が終わると後遺症が考えられる場合には後遺障害等級の認定を受けなければなりません。

こうした損害額の算定ができた段階で損害賠償請求し、示談交渉することになりますので、弁護士にはその準備が必要になるわけです。

「交通事故の相談をしたい!そんなときは相談広場で弁護士を探そう!」